ラブストシルエット

ロマンスといえばシルエットシリーズ、その中でもシルエット・ラブストリームばかり集めてみました。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

赤い髪の天使 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
天子が心奪われたのは、愛を知らぬ怪人だった。湖のかなたに浮かぶ古びた灯台を眺め、シドニーは思った。あそこに例の“湖上の怪人”が住んでいるんだわ。町の噂によると最近、灯台に謎の男性が移り住んできたらしい。いったいどんな人なのかしら?ブレナン家の末娘シドニーは芸術家ながら、華やかな姉たちとは違い、地味で控えめなタイプだった。今は森のアトリエでひっそりと暮らしている。孤独は気にならないが、今日はなぜか人恋しい気分だ。ふと気がつくと、目の前に長身の男性がたたずんでいた。もしかして、この人が怪人なの?美しくも鋭いまなざしに貫かれた瞬間、彼女は深みに溺れていった。

わたしだけの騎士―入れかわったプリンセス〈2〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
エンズウェイ国の王女であるモイラは、自由を求めて、自分にうりふたつの親友クロエと永久に身分を入れかわるという計画を実行に移す。さっそく牧場での仕事を手に入れたが、そこに待ち受けていたのは、厳しい環境と、野性的なカウボーイ、ダッチ・コードウィンだった。慣れない生活に失敗を重ねるモイラを、なにかと助けてくれるダッチの優しさとたくましさに、顔を合わせるたび彼女の心はどんどん奪われていく。彼はこれまで出会ったことのないタイプ。モイラの初めての恋だった。正義感あふれる彼に真実を知られてはならない。慎重に振る舞うモイラの前に、国元から密かに魔の手が…。

最後の夜を忘れない―狼たちの休息〈9〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
最愛の息子が誘拐されるなんて!パニックに陥るマギーの前に現れたのは、意外な人物だった。イーガン・キャシディ―この世でいちばん憎くていとしい人。無垢なマギーと情熱的な愛を交わして妊娠させておきながら、真剣な交際には興味がないと立ち去った男だ。なぜ今になって…?動揺するマギーに彼は告げた。誘拐犯はイーガンに恨みを抱いており、息子を盾に復讐を果たそうとしている。だが、どんなことをしてでも息子を奪い返す、と。穏やかながら意を決したその口調に、マギーは悟った。イーガンは自分の命を捨てるつもりだわ。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
バートン,ビバリー
幼いころ、祖父から贈られた『美女と野獣』の絵本を読んでロマンス小説のとりことなり、九歳のときに初めて物語を書いた。それ以後、小説、詩、脚本と、学生時代を通じて創作活動に親しむ。結婚し、二人の子供を産んでから専業主婦となっていたが、執筆活動に復帰してからはアメリカロマンス作家協会に加入し、大いなる貢献をする。’90年にデビューして以来、マギー賞や全米読者選賞を受賞。ロマンス小説界の最高峰RITA賞の最終選考にも残ったことがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

シークの秘密―王家の恋〈4〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
父親の精油会社で働くエレナに、タミール王国のシーク・ハッサン・カマルが面会を求めてきた。業務提携を考えているので、精油所を視察したいという。ビジネスに熱心な彼の様子に、エレナは驚きを覚えた。お金はうなるほどあっても分別はないプレイボーイが新しいおもちゃを欲しがっているだけだと思っていたからだ。仕事一筋のエレナは、これまでずっと孤独だった。だが有能なうえに、魅力的なハッサンに優しくされるうち、彼女の氷のように冷えきった心は少しずつ溶けていった。やがてある嵐の夜、ふたりはとうとう結ばれたが―実は、ハッサンがエレナに接近したのにはわけがあった。彼はエレナの父を陥れるという密命をおびており、彼女を誘惑して思うがままに操る必要があったのだ。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ジョーンズ,リンダ・ウィンステッド
夫と末の息子とともにアラバマ州在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

暗闇のレディ―孤高の鷲〈4〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
富豪の父の死によって生活が一変し、バレリーは困りはてていた。派手な生活を嫌ってひっそりと暮らしてきたのに大仰にもボディガードがやってくるなんて。手術跡の残る不自由な脚を哀れまれることにも、財産目当ての求婚者に言い寄られることにも、じゅうぶん傷ついてきた。もう誰とも関わりたくない…。バレリーは、目の前に立ちはだかるたくましい男性を見つめた。グレイと名乗る彼は、全身に危険なオーラを漂わせ、傲慢な態度をとりつづけている。こんな男性を信用できるわけがないわ。

内容(「MARC」データベースより)
富豪の父の死によって生活が一変したバレリーのもとに、ボディガードがやってきた。グレイと名乗る彼は、全身に危険なオーラを漂わせ、傲慢な態度をとり続けているが…。「孤高の鷲」続編3部作第1話。

孤独を抱いて眠れ―危険を愛する男たち〈11〉 シルエット・ラブストリーム (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
すてきな笑顔。輝く瞳。さりげない優しさ…。おせっかいな妹に頼まれて出かけたブラインドデートでブリタニーは心底驚いた。無敵の海軍シール部隊員のなかでも硬派なタフガイで知られるヴェズ・スケリーは、予想に反して“紳士”だった。過去のつらい経験からもう二度と男性を信じないと誓っていたにもかかわらず、彼女は自分が一瞬にして心を奪われたことを悟る。でも無情な言葉に、ブリタニーのささやかな希望はついえた。「きみはおれのタイプではない。おれのタイプは…」。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ブロックマン,スーザン
RITA賞を含め、数々の受賞歴を誇る作家。ボストン郊外の小さな町に住んでおり、家にはしばしば俳優や音楽家などさまざまな職業のゲストが訪れる。また、執筆のかたわら音楽活動を行っており、編曲を手がけたり、アカペラグループに所属して歌ったりと多才な人物でもある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

誘惑の湖 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
大企業の総帥として君臨するロバート・キャノンは、常に冷静で公明正大さを重んじ、裏切り者を容赦しない。そんな彼を思いがけない事態が襲った。傘下の企業から国家機密に関するプログラムが流出したのだ。犯人と疑わしきは二人。一人は湖畔でマリーナを経営する女。ロバートはFBI任せにしておけず、自ら探り出すことにした。手元の不鮮明な写真には、野暮な女が写っている。これが女スパイか。ロバートは冷たく燃える緑の瞳で見つめた。ところが、客を装って近づいた彼の前に現れたのは、セクシーな声でゆったりと話す、まぶしいばかりの美女だった。

虹に焦がれて―闇の使徒たち〈10〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
マギーは図書館司書として働いている。すでに両親はなく、一人っ子で引っ込み思案の彼女は、五年前の失恋以来、大人の男性に恐怖を感じるようになった。マギーが唯一心を開けるのは、図書館にやってくる子供たちにだけだった。絵本を読み聞かせるお話の会は、彼女が最も輝く時間だ。今日は新顔の仲のいい兄弟が話に聞き入っている。兄弟たちの父親の姿をひとめ見るなり、マギーは息をのんだ。夏の空のような青い瞳と精悍な顔立ち。なんて、すてきなの。翌日、彼は再びマギーを訪ねると突然言った。「君が必要なんだ」。

内容(「MARC」データベースより)
司書として働くマギーが唯一心を開けるのは、図書館にやってくる子供たちだけだった。お話の会で、今日は新顔の兄弟が話しに聞き入っている。その父親の姿をひとめ見るなり、マギーは息をのんだ。なんて、すてきなの…。

呪われたウエディング―狼たちの休息〈11〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
“マンダ・マンローの呪い”は、終わっていなかった。すべて、私のせいだわ。マンダはショックに打ちのめされた。彼女の最初の婚約者は事故死し、二人目の婚約者は殺害された。やはり私は一生、恋愛も結婚も望んではいけなかったのだ。デートを楽しんだだけで、またその相手が病気で倒れるなんて。妹の身に連続して起こる不幸の原因に疑問を抱いた兄のペリーは、親友のボディガード、ハンターにある依頼をした。マンダは十七年ぶりに再会した初恋の人―ハンターを前に激しく動揺していた。悪い予感がする。だが、彼は平然と言った。「僕が三人目の婚約者だ。君を呪いから解放するためのね」。

内容(「MARC」データベースより)
愛する人が次々と消えていく-。妹マンダに連続して起こる不幸に疑問を持った兄は、ボディガードのハンターにある依頼をした。17年ぶりに再会した初恋の人・ハンターに動揺するマンダに彼は言った。「僕が3人目の婚約者だ」

荒野のプリンセス (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
アレクサンドラは生まれ育ったアメリカを去り、祖父のあとを継いでカリスタンの統治者となった。問題山積だが、目下の悩みはカリスタンの人口減少だ。相次ぐ戦争で多くの男性を失ったこの国では、アレクサンドラを含め、若い女性ばかりが余っている。ある日彼女は、アメリカ大統領からの就任祝いに驚愕した。届いたのは、毛並みのよい名馬と見ばえのよい男性。ネイト・スローンと名乗る男性いわく、国家繁栄のため“種馬”を活用してほしいという大統領メッセージを携えてきたとのこと。いったいどういう意味?ネイトの誘うような微笑に、彼女は動揺を抑えきれなかった。

内容(「MARC」データベースより)
アレクサンドラは祖父のあとを継いでカリスタンの統治者となった。目下の悩みはカリスタンの人口減少。ある日彼女は、アメリカ大統領からの就任祝いに驚愕した。届いたのは、毛並みのよい名馬と見ばえのよい男性だった…。

[高収入バイト情報] [鶯谷・うぐいすだに] [千葉の印刷なら千代田印刷] [電子たばこ] [アキバ中毒のページ] [鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」] [東京ぶらぶら] [美容外科] [日暮里 鶯谷 上野 ニュース] [台東クラブ] [ハロー!江東区!] [GOGO!江戸川区!] [横浜関内リラクゼーションサロンDIO] [幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク] [台東紀行] [墨田区紀行]
[詩集集] [推理物.com]

ooo千葉県南房総 館山市.COMooo 山手線で行く!Libraryooo 春日ちゃんのお散歩マップooo ベビー、キッズ、マタニティ.コレクションooo 観葉植物に囲まれてecoライフin千葉ooo 川は生きているooo 山手線エリア~こだわり専門店~ooo 焼肉喰ってパワーアップッ!ooo 文の京!文京区!ooo 千葉の伝統文化。彫刻、石像、絵画、工芸、文化財ooo 対戦求む!千葉最凶のゲーマー!ooo 巣鴨で散策!ooo 千葉県の民俗・風俗ooo リネージュIIクロニクル インタールードooo ぶんか千葉!千葉県の文化情報配信中!!ooo おもちゃ、ホビー.コレクションooo ダーツ大好き@千葉ooo 生活、インテリア.コレクションooo シブヤをよく知る為のサイトooo 葛飾区を知れ!ooo